FILTOM inc.

【C6ケアガイド】ご使用方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

ご使用方法は、一般的なスキンケアと同じです。

 

160426care1 160426care2

さらに詳しくは、「C6ケアブック」「「純石鹸とプラセンタによる肌ケア」」をご覧ください。

 

【よくあるご質問】

ご使用方法は、従来の化粧水、美容液、美容クリームと変わりません。洗顔後、化粧水でお肌を整えたあと、その日のコンディションに応じて、美容液と美容クリームをご使用ください。お薦めのケア・ステップについては、商品同梱の使用説明書(下図)や、「C6ケアブック」をご覧ください。

 

160401instruction1

基本的には化粧水と同じタイミング、あるいは化粧水の後に使用します。ただ、浸透が速いため、やや乾燥を感じる場合には、塗布後に少しC6ウォーターやC6クリームを追加で塗布してください。塗布後に、少しマッサージをしてあげると、効果的です。

プラセンタ・プラズマについて

 

●●IMG_1212

プラセンタC6シリーズは配合素材のシンプルさと、新鮮さから、敏感肌、ニキビ肌、アトピー肌の方々に特に好評いただいております。これまでにないやさしさを実現するため、人の皮膚を構成する細胞液に最も近い成分でつくられています。アレルギーテスト結果から、アレルギーが起こりにくく、仮に起こったとしても、小さなアレルギー反応にできるだけ収まることが分かっています。

また、洗顔フォームも純石鹸ベースで開発しました。いつも新鮮な純石鹸は、洗い上がりが違います。天然由来の脂肪酸ナトリウムは、皮脂を取りすぎず、泡切れがよく、肌に界面活性剤を残しません。そのため、洗い上がりの健康なしっとり感をお楽しみいただけます。

さらに詳しくは、「C6ケアブック」「「純石鹸とプラセンタによる肌ケア」」をご覧ください。

 

IMG_0947

 

はじめての方のためにトライアルボトル(C6クリーム、C6セラム)をご用意しております。まずはトライアルボトルで目立たない部分(二の腕など)に塗布してお試しください。

プラセンタC6クリーム トライアルボトル

プラセンタプラズマ以外の商品は、高温多湿の場所を避けて、直射日光が当たらない涼しい場所に保管してください。プラセンタプラズマは冷凍庫に保管してください。使用期限は各商品のラベルに記載していますが、開封後はできるだけお早目にご使用ください。

 

11160590_804774156257445_3305846773072701016_n

C6シリーズは、シンプルな配合で人肌へのやさしさを追求した特別なシリーズです。そのため、他社品(特に多数の成分を含む化粧品)との併用はおすすめしておりません。できるだけシンプルな、わかりやすい成分と手順のケアをおすすめします。

【技術資料】FILTOM NOTE Vol.1「純石鹸とプラセンタによる肌ケア」

基本的には問題なくご使用可能です。敏感肌のお子様へのシンプルケアにもご活用ください。ただし、お子様の皮膚はまだ成長過程で大人より薄く、トラブルも起きやすいため、不安を感じたときにはすぐに皮膚科へご相談ください。

【技術資料】FILTOM NOTE Vol.1「純石鹸とプラセンタによる肌ケア」

残念ながらFILTOMでは現時点でクレンジングをラインナップできておりません。
落ちにくいメイクアップ商品が増えいるため、クレンジングはご使用のメイクアップ商品に合わせてご用意いただくのがよいかと思います。

メイクアップ成分は完全に落とし切らなければなりませんが、その反面、毛穴の皮脂を取りすぎるのも良くないため、それを両立できるクレンジングは実現が難しく、現在のところ、短時間でクレンジングを済ませ、その後やさしい洗顔フォームを使用する「ダブル洗顔」が理想的となっています。

FILTOMとして考える、現時点での最良の方法は次の通りです。

1.ご自身の肌に刺激のすくないクレンジングを選び、短時間でさっと落とす、あるいはメイクアップ成分を浮かす。(ここでは、浮かす方に重点を置いた方が良いと思います)

2.すぐに「FILTOM純石鹸洗顔フォーム」で洗顔し、毛穴をホホバ油で保護する。
(つっぱり感と違和感が少なければ、グッドだと思います)

3.すぐに「プラセンタC6ウォーター」か「やまだ泉」で肌全体を整える。

ここまでをできるだけ手早くすることが、肌(特に毛穴)に負担を掛けない上で重要かと思います。

 

 

 

 

そして、もっと深く知りたい方へ、尾池博士のC6コラムを発行中です。

完全非加熱活性プラセンタと、それを届ける帰水性技術、そして純石鹸と温泉水。

肌ケアの答えに辿り着いた研究と思索を辿ることができます。

まずは目次をご覧ください。

【C6コラム】

 

person_oike

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP