FILTOM inc.

FILTOMプロトタイプスはこちらから ≫

C6理論6-3.肌によい地球

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

C6スキンケア理論、最終回です。

「お肌の変わり目に感じる不安感」の正体とは。

肌も衣替えができる?

 

【今回の要点】


■ 地球も肌も、不安感の原因は、変化速度のギャップ。

■ 変化を把握して化粧品を使い分ける。肌の衣替え。

■ 肌の衣替えのために開発中「C6ロクレンジャー(仮称)」。


 

 

第六章.肌によい空間をつくる

 

6-3.肌によい地球

 

■ 変わる地球

 

前回まで肌によい部屋肌によい都市を見てきましたが、当然、肌によい地球もあるはずです。

 

地球に合わせて生まれた私たちですから、本来は宇宙のどこよりもここ地球の環境がベストなはずです。ところが私たちがいま直面しているのは急激な環境変化。地球温暖化、オゾン層破壊、水不足。

 

「変わらない」と安心していた地球が、いま急に変わろうとしています。しかもその変化をもたらしている原因は私たち自身であるという苦悩。肌荒れと私たちの関係によく似ています。

 

 

(Photo by NASA on Unsplash)

 

 

■ 地球環境と男子中学生

 

地球環境の変化にうろたえている私たち人類について考えるとき、男子中学生が抱えるある苦悩を思い出します。

 

男子中学生にどんなイメージを持たれるでしょうか。恋愛マンガに出てくるような、いつも清潔で、落ち着いていて、女子の突然の問いかけにも気の利いたリアクションができる男子でしょうか。おそらく真逆だと思います。いつもだらしがなくて、落ち着きが無くて、女子の突然の問いかけにうろたえる男子。

 

男性が抱えるある苦悩とは、中学生になると急にカッコ悪くなってしまうことです。もちろん個人差がありますが、小学校まではかわいらしかった多くの男子が中学生になると急な変化にとまどいます。口ひげが原因かもしれないし、妙にエネルギーが湧き出てしまうのが原因かもしれません。挙動不審になる、または下ネタでふざけることが多くなり、女子は距離を置きます。

 

これは「変化速度のギャップ」によるものです。身体は急激に変化していき、周囲もそれに合わせて大人であることを求め始める。でも実は、中身はまだまだ子供です。それなのに、変わらないと思っていた周囲が急に変わり始め、自分にも変化を求めてくる。自分自身の暗黒の中学生時代を言い訳するわけではありませんが、そのギャップを分かりやすく図にしてみました。

 

 

 

小学校までの「生活環境」は家庭内で(円の中央)、人生における「視野」は一日かせいぜい一年です。しかし中学校に上がると周囲は突然「一生」について考えるように求めてきます。それほど急には変われない、と思う気持ちをよそに、身体と環境は勝手にどんどん変わっていきます。身につけてきたものと、身につけるべきものが、あまりにも違い、そのギャップによって一時的にカッコ悪くなります。

 

私たちが地球に感じる不安感もおそらくこれに似ています。自分たちは変わらないのに、環境は急に変わっていき、それについていけない不安感。人類が急速にカッコ悪くなり始めているのかもしれません。地球環境問題とは、全人類男子中学生化問題です。

 

 

■ いつでも変われる安心感

 

では男子中学生はいつ、かっこよくなっていくのでしょうか。それは「変わることができる」と自覚した時からなのではないかと思います。

 

下の図は前回紹介した「空間の三段構造」ですが、上から「肌(SKIN)」「都市(CITY)」「地球(EARTH)」と、変化速度の速い順に重なっています。肌は都市よりも速く変化することができ、都市は地球よりも速く変化することができます。中学生も私たちも、その気になりさえすれば、変わることができる。はずです。地球環境問題が遅々として進まないのは、人類がまだ「その気」になっていないからなのでしょう。

 

 

私たちの肌の上に住む微生物は、私たちよりも速く変化できるから安心できますし、私たちは地球の変化よりも速く都市を作り変えることができるから安心できます。炭酸ガスの排出を抑えて地球環境変化を遅らせることも大事ですが、同時に、自分たちを変える努力も怠ることはできない。それを男子中学生は教えてくれます。

 

 

 

 

■ C6クリーム・ロクレンジャー(仮称)

 

スキンケアでもぜひ「自分たちを変える力」を手に入れたいと思います。「肌の衣替え」です。

 

肌にとっての変わり目には「季節」と「年代」の二種類があります(下図)。たとえば夏は湿潤(WET)側に「変化の幅」(波線)がありますが、これが冬になると乾燥(DRY)側にシフトします。同じように年代でも乾燥(DRY)側にシフトします。

 

 

肌を「変化の幅」(波線)の中にいかに収めるか、がスキンケアのポイントになりますが、乾燥(DRY)側にシフトすることを恐れるあまり、つい湿潤(WET)側に寄せすぎることがあります。いわゆる「肌を甘やかす」ことになります。それを避けるには「センター」をとることを意識することになります。

 

そのためFILTOMでは現在、美容クリームの種類を増やす開発に取り組んでいます。現状の4種類の美容クリームにさらに2種類増やした6種類の美容クリーム、名付けて「C6クリーム・ロクレンジャー」を現在開発中です。(画像はナナレンジャーになっていますが、開発後にロクレンジャーに絞られます)

 

 

C6クリーム・ロクレンジャー(開発中)

 

左端の二つがご存知C6クリーム(C6C)C6クリーム・モイスチャー(C6M)で、右端の二つがグラムクリームの保湿度7(C6G)保湿度9(G1P)ですが、開発しているのは中央の3種類です。

 

左から右へ(→)いくほど保湿力が上がり、右から左へ(←)いくほどプラセンタ濃度が上がります。季節に合わせて、年代に合わせて、肌の衣替えができる6種類です。

 

 

地球の上にも、肌の上にも、目に見えない栄養、循環、共生があり、それらが健全だとなぜか美しく見えてしまいます。それは我々が、そうした目に見えない性質を見抜く能力を生まれながらに持っているからなのかもしれません。具体的には、微生物自体は目に見えませんが、それらが生産する保湿成分の光沢は感知することができます。栄養成分は見えませんが、それらによってきめ細かになる肌質のキメは捉えることができます。そうした微細な環境バランスを捉える能力が美意識なのかもしれませんし、もしあらゆる環境バランスを捉えていなければ、それは本当の意味での美意識とは言えないのかもしれません。(了)

 


(FILTOMオフィスから。2018.11.9)

 

尾池(工学博士)

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

“C6理論6-3.肌によい地球” への2件のフィードバック

  1. MiMi より:

    初めてコメントします。
    いきなりですが衝撃でした‥‥(゚д゚lll)
    保湿成分を与えることが肌を甘やかすことになり対応力が低下してしまうなんて‥。
    単純に、乾燥したら保湿すればいいと思っていたので、それがそもそもの間違いだということに気づいていませんでした。
    人間って本当にラクにできること手を抜くことに関しての思考.遂行能力は優れていますよね。でも、それが良くもあり悪くもありでいろいろと問題がおきてしまいます(^^;;
    肌に関しても、すぐにラクに頼ってしまわないでFILTOMさんのスキンケアで健康な肌になりたいと思いました。もう甘やかすのはやめにしますね 笑

    • tetsuro oike より:

      MiMi様
      コメントありがとうございます!
      私も同じです。ついついラクな方に流されますよね。たまには、、いいかな~、というのがいつのまにか続くパターンで笑。
      C6理論は終わりましたが、これからも他のテーマでコラムをアップしますので、ぜひ引き続きよろしくお願いいたします♪
      oike

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP