FILTOM inc.

FILTOMプロトタイプスはこちらから ≫

C6理論1-2.肌質

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

 

【乾燥肌という幻想】

初めてC6シリーズをご使用いただくお客様から、よく次のようなご感想をいただきます。

 

「なんだか、もの足りない。」

 

一般的な多くの化粧水やクリームは何かが肌の上に残り、しっとりします。ですので次のようなご意見もいただくことも多いです。

 

「もっとしっとりさせることはできないのですか?」

 

しかし私たちはあえて保湿剤を増やしませんでした。なぜならご使用開始から2~3週間後、徐々にご感想が変わり始めるからです。

 

「やっぱりさらさらしてるんだけど、最初の頃とは何かちがう。」

 

もの足りなさがやわらぎ、肌質の変化を感じる方が多くなるのです。

もしかしたら、肌をしっとりさせるために保湿成分をたっぷり塗るという「肌を甘やかす」行為自体が問題なのではないか。

多くの方が「乾燥肌という幻想」に陥っている可能性がある。そのように感じました。

では、肌を甘やかさずに肌をしっとりさせるためにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

C6-鄒主ョケ豸イ+閧・IMG_1267-2

 

 

【必要なのは低分子保湿成分だった】

私たちがよく目にする保湿成分「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「グリセリン」。

まずはこれらを正しく理解するため、保湿成分を大きいサイズから順に並べました。

これらの保湿成分には「OH」がたくさんついています。親水性の高い「OH」(水酸基)が水を吸着して保湿力が発揮されるからです。

 

 

特にヒアルロン酸とセラミドは長い糸状でたくさんの「OH」がついているため、少量でも大きな保湿効果を発揮します。

広告でよく見かけるような肌が手の平についてくるといった現象もこの糸のような形状が理由です。

 

しかし少量で大きな効果ということは、量の調節が難しいということです。

ちょっとだけという行為が、肌からすれば摂りすぎになってしまいます。しかも長い糸状のため、肌の上に長時間残りやすくなり、必要なくなった時にもそこに居座り続けます。

 

意外と知られていませんが、肌が本来必要としているのは低分子の保湿成分です。肌にはもともとこうした低分子の保湿成分を生産するシステムがあります。

 

健全な保湿サイクル

 

肌細胞はまず皮脂である「トリグリセリド」を生産します。

それを常在菌がグリセリンと低分子の保湿成分(天然保湿成分)に分解しています。

低分子保湿成分が減少すると肌細胞はそれを察知して、再び皮脂の生産を開始します。

 

低分子保湿成分は保湿力が小さいため、高分子保湿成分にくらべて多くの量を必要とします。

それなのになぜ肌細胞は低分子保湿成分を選んでいるのでしょうか。

それは「量の調節が簡単」だからです。

 

細胞は1分間に数千から数万という分子を高速で合成しています。

高速で大量に生産していれば、生産量の調整が楽なのです。

逆に大きなものを少なく作っていると、急な変化に対応できません。

肌が低分子保湿成分を選んでいるのにはちゃんと理由があったのです。

 

 

細胞内の成分合成システム

 

【保湿の考え方を根本的に変えよう】

保湿成分を与えすぎると、肌は勘違いして本来の皮脂生産を減速させてしまいます。

肌細胞が皮脂を生産しなくなると、常在菌が減少し、肌の保湿システムがさらに弱くなります。

いわゆる「乾燥スパイラル」です。

 

肌本来の保湿システムを回復するために必要なのは、皮脂の生産と常在菌の育成。

完全非加熱の生プラセンタにはそのために必要な材料がすべて揃っています

適切な栄養成分を得た肌細胞は皮脂を生産し、常在菌は低分子保湿成分の生産を再開します。

 

 

 

 

【保湿成分を徐々に減らし、栄養成分を徐々に増やす】

これまで保湿成分に依存してきた肌の保湿システムを取り戻すにはどうすればよいのか。

その答えを探るため、福岡を代表するヘアデザイナーの渡邊友一郎氏に協力を依頼しました。

 

11046180_1653121644915898_8763468631451989911_n
美容室グラムで開催した公開討論会(2015年)

 

もっとも過酷な肌環境と戦っていると言っても過言ではない美容現場。

渡邊氏との試行錯誤で辿り着いた方針は次の二つです。

1.肌の保湿システムを邪魔しない保湿成分を選ぶ。

2.保湿成分を徐々に減らし、栄養成分を徐々に増やす。

 

 

まず保湿システムを邪魔しない保湿成分。実はその答えは明白です。

ワセリンを選びました。

 

 

  ・不活性。

  ・酸化劣化しない。

  ・微生物の栄養源にならない。

 

これらすべての条件を備えているのが、おなじみの「ワセリン」です。

ご存知の通り石油由来の鉱物油ですが、実はもっとも肌にやさしい保湿成分です。

ワセリンは炭素と水素だけで構成される混合物で、下図のような構造をしています。

 

Vaseline

 

反応性は「枝分かれ部分(官能基)」で生じますが、ワセリンは一直線で枝分かれがありません

だから医療機関ではワセリンをもっとも信頼しているのです。

 

そして保湿成分を徐々に減らしつつ、栄養豊富なC6クリームにつなげることができるラインナップを開発しました。

 

 

高保湿のグラムクリームから、高栄養のC6クリームへ移行することによって、徐々に保湿システムを取り戻すことができます。

この移行をさらにスムーズなものにするため、中間の保湿クリームも間もなく完成する予定です。

プロの現場から生まれた保湿理論で、乾燥スパイラルを断ち切りましょう。

 

 

 

尾池(工学博士)

次へ→「1-3.保湿」

【目次へ戻る】

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP