FILTOM inc.

FILTOMプロトタイプスはこちらから ≫

新商品【純石けんクリームシャンプー&リンス】7月1日発売開始

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

FILTOMプロトタイプス第四弾 純石けんクリームシャンプー&リンス 開発ノート

 

n406 x FILTOM

 

【 事前予約受付中! 】

 

◎ミッション いつもの固形純石けんをそのまま液体シャンプーにしたい。

 

◎研究コード 液体純石けんシャンプー

 

 

 

◎固形純石けんのやさしさ

 

純石けんには固形と液体の二種類があります。

いつもの白い固形純石けんは「脂肪酸ナトリウム」が主成分です。

液体の純石けんは「脂肪酸カリウム」が主成分で、主に洗濯石けんとして用いられていますが、一般的な液体シャンプーにはこちらが使われています。

同じ純石けんですが、成分も使い心地も違います。

 

私たちの肌に気持ちがいいのは、やはり固形純石けん。

 

固形純石けんのやさしさは「粒子の粗さ」と「泡切れのよさ」によるものです。毛穴の奥の油脂はとりすぎず、ほどよい頃合いで流すとさっと泡切れしてくれます。

 

固形純石けんをなんとかそのまま液体シャンプーにできないか。2014年にn406と共同で開発に着手しました。

 

 

 

 

◎頭皮と環境に何も残さない

 

n406を主宰する中村由佳さんは環境へのやさしさからも純石けんにこだわりつづけました。

 

フィルトムの超人気商品である「純石けんベース洗顔フォーム」もn406との共同開発品です。

 

しかし開発目的は最初から「シャンプー」でした。なぜなら家庭から排出される洗剤の多くはバスルームから出されているからです。

 

肌トラブルは肌の環境問題。

 

地球環境と同じく、肌にも頭皮にも、私たちは常に何かを「与え」続けてきました。

 

しかし頭皮と地球環境を健やかに保つには「何も残さない」ことが重要です。

 

地球上の生態系と同じく、発毛のメカニズムも複雑で、幹細胞を頂点としたいくつものステップがあることが明らかになっています。

 

育毛成分を有効に活用するためにも、頭皮や頭髪に残る成分は最小限に抑えたい。

 

そのためには泡切れが良く、たとえ残ったとしても微生物たちが分解できる純石けん以外に選択肢はありません。しかし問題は金属イオンによる泡立ちの悪さですが、安易なキレート剤の利用は避けたい。それを解決してくれたのも微生物たちでした。

 

純石けんベース洗顔フォームに、微生物由来の洗浄成分であるサーファクチンを組み合わせ、泡立ちと生分解性の両立に成功。

 

そしてついに、いつもの固形石けんがそのまま液体になった全身洗える「純石けんクリームシャンプー」が誕生しました。もちろん洗顔にも最適です。(特許出願済)

 

 

 

◎きしまない、ひりひりしない、香りしあわせなリンス

 

純石けんシャンプーには独特のきしみ感があります。

 

髪が痛まないか、石けんカスが残らないか、気になります。

 

そのために開発が必要なのは、むしろリンスであると感じました。

 

きしまない、ひりひりしない、香りがやさしいクエン酸リンスを開発したい。

 

そして辿り着いたのはクエン酸とリンゴ酸とプロピオン酸の組み合わせでした。

 

4年間の開発期間を経て、もはやクエン酸リンスとは呼べない全く新しいリンス誕生です。

 

◆きしまないか?

純石けんクリームシャンプーの開発によってホホバ油の大幅な増量が可能になりました。そのためシャンプー中にきしみ感を感じることはまったくありません。

 

さらにリンスはクエン酸だけでなく、リンゴ酸とプロピオン酸の組み合わせで、きしまず、ひりひりせず、なのにしっかりリンス効果を実現しました。本来の健康な髪質のしっとりさらさらに洗いあがります。(※髪質の変化に2~3週間を要する場合があります)

 

 

◆いたまないか?

懸念される髪質の変化についてはもっとも注意深く4年間の試用実験によって検証しました。

 

4年間、毎日、純石けんクリームシャンプーとリンスの試作品で頭髪を洗い続けた結果、髪はまったく痛まないことが分かっただけでなく、髪質はよりしっとりさらさらになりました。石けんカスが目立つこともありませんでした。(※試用者の感想です)

 

 

◆香りしあわせなリンス

まったく新しいシャンプーリンスのコンセプトに合わせた香りを、アロマデザイナーの大石香織氏へ依頼しました。

 

大石氏から提示された香りは、まさに全く新しい、いままで経験したことのない、なのになつかしい香りでした。開発チームの一人は試作品を前に「香りしあわせなリンスだ」と表現しました。

 


アロマデザイナー
 大石香織氏

 

FILTOMのコンセプトらしい新境地に辿り着いたことを実感するとともに、これはシャンプーのスタート地点に過ぎないのではないか、とも思いました。開発は続きます。

尾池(工学博士)

 

【 事前予約受付中です! 】

 

【純石けんクリームシャンプー】洗髪、洗顔、全身用

600mL(約2か月分) 5000円(税抜)

 

【純石けんクリームシャンプー用リンス】洗髪用

600mL(約1か月分) 3000円(税抜)

 

尾池博士のコラム「石鹸に学ぶ大人のやさしさ」(tellin by 朝日新聞)はこちら

https://telling.asahi.com/article/12314115

 

開発のため人生で初めて長髪にしました

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP