FILTOM inc.

FILTOMプロトタイプスはこちらから ≫

C6理論3-2.メーカーの選び方

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

 

前回は、肌のセンスで人を選ぶことから始めよう、という話でした。

今回はメーカー選びです。経済は複雑で、時にはだまされるのではないかという不安にも襲われます。ネットワークビジネスや勧誘が特に多くなるのも化粧品です。どうやって信頼できるメーカーを選べばよいのでしょうか。

 

経済社会システムは本来、私たちの生活を守るためのもの。正しく理解すれば、そのシステムの中にメーカーの選び方のヒントもあるはずです。

※もちろんFILTOMの商品だけを選んでいただくための考察ではありません。化粧品には肌に合う合わないがありますので、ご自身に合った化粧品をどのように信頼できるメーカーから手に入れるのか、について考えます。

 

 

【経済社会システムの違和感】

下の図は教科書でよく見かける経済社会システムの基本とされる図です。マクロ経済学における三つの経済主体である「私達(家計)」と「企業」と「政府」間のお金の流れを表しています。

この図に違和感を覚える方は多いのではないでしょうか。もちろんこの図は普遍的な概念を表したものではありませんので、この図に固執する必要はないのですが、経済主体である私たち自身が感じている違和感ですので少し整理してみたいと思います。

 

まず、分かりやすい違和感としては企業と政府が切り離されている点だと思います。マクロ経済学では経済主体としての役割をもって企業と行政を分けていますのでけっして間違いではありませんが、私たち自身にとってはどちらも商品とサービスの提供者です。

 

次に「商品やサービス」よりも「お金」が目立っている点も違和感の原因でしょう。経済学ではたしかにお金が主体ですが、私たちの社会生活はやはり商品やサービスが主役です。お金は価値の尺度にすぎません。さらに言えば税金が二回も登場してしまっているのも、押しつけがましい印象を与えているのかもしれません。

 

ですので、思い切って書き換えたいと思います。企業と政府を一括りにし、空いたところに技術と商品をあてはめてみます。それが下の図です。

 

【技術と商品が経済の中心】

面白いことに、「お金」の文字が少なくなります。本来の脇役のイメージに近くなっています。

 

まず「私達」は「技術や商品(サービス含む)」に対してお金を払い、それらの価値を享受します。化粧品の購入がまさにここです。

購入資金を得るために私たちは労働力を「企業や政府」に提供し、対価を得ます。

そして企業や政府は私達のためによりよい技術や商品を開発し、その成果を得ます。

このサイクルをぐるぐる回すことでもたらされるのが「技術と商品の向上」です。

 

いかがでしょうか?経済社会のイメージがずいぶん私たちの生活感に近づいたと思います。

 

おかげで問題点も浮き彫りになります。つまりこのサイクルがぐるぐる回ってくれれば気持ちよく経済社会活動を送れるのですが、もっともうまくいかないのが企業の開発活動です。研究開発の成功率は一桁%とよく言われます。100件の研究テーマのうち、成功するのは数件程度。失敗が続くと、企業は既存の商品をできるだけ見栄えよくして、時には大げさな広告を打つようになります。

 

その結果、商品に対して私たちが疑念を持つようになってしまいます。

 

 

 

 

【肌社会と人間社会は同じ】

経済を深く理解していくと、あらゆるシーンでおなじような価値の創造と対価の交換が見えてきます。それは肌の上も同じ。肌の上の経済社会システムを見てみたいと思います。そこにおもしろいヒントが隠されているかもしれません。

肌の経済社会システムはずいぶんシンプルです。お金がないからでしょう。しかし対価を交換していることは確かです。

肌細胞が私達であり、肌の上の常在菌は商品やサービスを生み出します。商品は保湿成分。サービスはバリア機能です。

 

肌細胞は常在菌のために皮脂を生産し、常在菌はその皮脂を原材料に保湿成分を生産します。保湿成分が少なくなればそれが信号となって肌細胞に伝わり、再び皮脂が生産されます。その結果常在菌が健全に増えれば、バリア機能として健全なサービスが提供されます。

お金がまったく無くなっているのは相互に信頼しきっているからでしょうか。おたがいにいちいち評価しあう必要がないのでしょう。

 

この社会システムにとっても環境変化が脅威になります。

 

環境変化とは乾燥。外敵はバイ菌やウイルスです。

それらを防ぐための保湿成分とバリア機能ですから、これらが健全に供給されなくなると、社会が脅威にさらされます。

その危機のステップを具体的に図にしてみました。

 

 

疲労や加齢によって肌細胞の働きが衰えると、皮脂の生産能力が低下し、保湿成分の低下につながります。ここで私たちが犯しやすい対症療法が「保湿成分の補給」です。しかしこれまでの経済社会システムのあり方を踏まえれば、答えが見えてきます。

 

肌社会システムの危機とは、保湿成分という品数の問題ではありません。常在菌が健全な保湿成分を生産できなくなっていることが問題です。したがって補給すべきは常在菌にとっての栄養。皮脂、ということになります。

 

肌細胞や常在菌が知らないような新しい成分は肌社会システムには必要ありませんし、そもそも肌細胞や常在菌に元気になってもらわなければ、健全な保湿成分は生産できません。

 

 

【経済を健全にするメーカーが化粧品を健全にする】

私達の経済社会システムにも同じ考え方を導入します。

 

 

 

まず家計の衰えが私達自身の労働意欲の低下を招き、技術力の低下につながります。ここで私たちが犯しやすい対症療法が「品数の補給」「多角経営」「誇大広告」「ステルスマーケティング」です。しかしこれまでの経済社会システムの理解があれば、健全な化粧品メーカー探しの答えが見えてきます。

 

経済社会システムの危機とは、品数が問題で起きているのではありません。メーカーが時代とニーズに対応した商品とサービスを提供できなくなっていることが問題なのです。ですので補給すべきはメーカーにとっての栄養。知恵、ということになります。

 

時代にもニーズにもセンスにもユーモアにも即していない新しい商品など経済社会システムには必要ないし、そもそもメーカーに元気になってもらわなければ、健全な化粧品は生産できません。

そのメーカーは、品数や広告に頼りすぎていないか。貪欲に時代やニーズに即した知恵とユーモアを取り込んでいるか。

 

そうしたメーカーの努力を肌のセンスで感じ選ぶことで、経済社会もより力強くになる。そして化粧品選びはもっと楽しく、楽になるはずです。

 

IMG_0947

 

尾池(工学博士)

次へ→「3-3.肌の成分と構造」

【目次へ戻る】

 

おまけ

【株の話】

そういえば、もう一つ、まるで経済の主役のようにしている存在があります。株です。

もちろんそれは無くてはならないものですが、お金と同じように、その向こう側の商品が見えなくなることがあります。どうせならついでなので株も「理解したつもり」になってみましょう。もしかしたら簡単に理解した方が本質に近いかもしれません。

 

まず技術者たちは開発した商品を効率的に生産するために「企業」を作ろうとします。

大きな設備を整えるには大きな資本金が必要ですので、皆で出し合います。

しかし誰かが突然、勝手に資本を引き上げると、企業は安定しません。

そこで、できるだけ多くの人に資本を持ち合ってもらったり、交換したりできるシステムを作れば安定すると考えました。これが「株」の発明です。

株の売り買いが活発になると、企業の価値によって株の価値も変わります。

お金は「商品を評価する道具」でしたが、株は「企業を評価する道具」です。

 

【株もお金も評価の道具にすぎない】

たとえば、ある作り手さんがタケコプターを開発したとします。

それを買い手さんは正当に10万円と評価し、作り手さんに10万円支払います。

作り手さんが10万円の価値のタケコプターを作ったおかげで、作り手さんと買い手さんの両方の手元に10万円の価値が残ることになります。

つまりその結果、社会には2倍の20万円の価値が生まれたことになるのです。

社会に価値をもたらす企業にはたくさんの作り手とお金が集まりますので、今度は企業の価値である株の価値が上がるのです。

 

ここでぜひ注目したいのは、買い手さんが作り手さんを正当に評価する「センス」を持っていた点です。正当に評価された優秀な作り手さんは意欲を得て、10万円を元手にさらに価値のあるものを作るでしょう。企業と社会の価値はますます何倍にもなります。

 

逆に、騙し手さんが性能の低いタケコプターを作ったとします。それを誇大広告と共にうっかりさんに10万円で売ります。騙し手さんの手元に10万円残ったので、少なくとも財産は失われなかったように見えますが、ここで大事なポイントは、優秀な作り手さんに10万円がわたらなかった点です。うっかりさんは人を選ぶセンスを持っていなかったため、騙し手さんは10万円を元手にまた価値のないものを生み出し、社会の価値はさらに減り続けます。

 

このように考えると、誇大広告は間違った買い物をしてしまうこと以上に、私達の「センス」を鈍らせるという点で社会にとって脅威なのです。

経済とお金と株の正しいあり方が見えてきます。

センスを磨かないお金と株の存在価値は無いと断言できます。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP