FILTOM inc.

FILTOMプロトタイプスはこちらから ≫

【WaterCampus】水の国際会議(オランダ)参加レポート

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

オランダ、レーワルデンにて開催された、水の国際会議「WaterCampus2016」に参加しました。

世界中から水の技術者が一堂に会し、成果と未来を共有する会議。
日本からは唯一、FILTOMが参加しました。

 

無題

 

 

IMG_0316

 

午前中は最前線の技術者による講演があり、午後は、各セッションに分かれての情報共有です。

FILTOMも、PD膜分離による海水淡水化へ向けた取り組みを世界の技術者と共有しました。

各セッションでは、課題も課され、5名の初対面の技術者と議論を交わしました。

FILTOMが参加したセッションの課題は、

 

How to accelerate the process?
(どうやって開発を加速させるのか?)

 

これはFILTOMから希望したわけではなく、ランダムに割り当てられた偶然です。

むしろ偶然というよりは、どの課題も偶然を感じるほどの切実なものばかりだったのでしょう。

(占いに近いですね笑)

 

IMG_0324

 

そして5人で解決策のブレーンストーミングを行い、今後の指針を導き出しました。

それが下のメモです。簡単な走り書きになっていますが、この指針を導き出すのに要した時間はなんと4時間。

4時間の間、実に様々な方法で、脳から無理やり知恵を引き出し、途中チョコレートまで配られる始末。

 

 

IMG_0326

 

 

IMG_0332

 

そして導き出した指針は次の通りです。

 

 ・水を多く含んだ廃棄物を効率よく回収する市民レベルのシステム(プラットフォーム)を作る。

 ・廃棄物を圧縮して水を回収し、圧搾されたバイオマスと、浄化した水を資源化する。

 ・その結果削減される運搬コスト、処理コストを可視化し、市民のモチベーションを上げる。

 

このユニークな議論のおかげで、FILTOMの技術、他社の技術が、どこでどのように生かせるのか、極めて具体的に共有することができました。

みなさん、ありがとうございました!またきっとどこかでお会いすることになりそうです。

そして、こうしたユニークな国際会議を開催するオランダという国にも感謝です。

 

IMG_0335

 

そして、この取り組みにご参加いただいているC6ユーザーのみなさまと、

今回の貴重なチャンスを与えてくれましたC&の大地千登勢氏に感謝申し上げます。

 

Special Thanks to C6 Users and C& [Chi and]

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP