FILTOM inc.

受け継ぐ開発スピリット。

The spirit to carry on.
真鍋征一博士(福岡女子大学名誉教授、FILTOM名誉会長)が世界で初めて開発した血液用ウイルス除去フィルターは、腎臓をモデルにしたものでした。その孔拡散フィルター(PDフィルター)が最終目標と見据えるのは、常温常圧での海水淡水化です。FILTOMは、真鍋技術と開発スピリットを継承し、社会的使命を全うします。

Dr. Seiichi Manabe (Professor Emeritus of Fukuoka Women's University, Chairman Emeritus of FILTOM) developed the world's first virus removal filter for blood, which was modeled after a kidney. FILTOM is committed to fulfilling the social mission for our tomorrow by inheriting Dr. Manabe's technology and development spirit.


会社概要 About Us

会社名 Company Name
FILTOM Inc.
株式会社FILTOM(フィルトム)
事業目標 Our Goal
自然エネルギーによる海水淡水化
Seawater desalination by nature energy
事業内容 Business
PDフィルター(孔拡散)分離技術開発
化粧品素材・食品素材の開発・製造・販売

PD(Pore Diffusion) filtration development
Cosmetic&Food material production, sales and development
所在地 Office
本社:
〒808-0138 福岡県北九州市若松区ひびきの北8-1
北九州学術研究都市 技術開発交流センターGoogle MAP
info(@)filtom.com
※迷惑電話が大変多いためご用件を留守番電話へお残し下さい。
labo

孔拡散研究所(Pore Diffusion Institution):
〒808-0106 福岡県北九州市若松区片山1-2-43
labo

海外拠点:
トルコオフィス:Baglimani Mevkii, Kumburun Köyü, Geyikli, 17610, No:22, Ezine, Çanakkale, Türkiye
labo

Head office: 8-1, Hibikino-kita, Wakamatsu, Kitakyushu, FUKUOKA, JAPAN
Pore Diffusion Institution: 1-2-43, Katayama, Wakamatsu, Kitakyushu, FUKUOKA, JAPAN
Turkiye office: Baglimani Mevkii, Kumburun Köyü, Geyikli, 17610, No:22, Ezine, Çanakkale, Türkiye
沿革 History
2004年 真鍋博士が孔拡散研究所設立 Started-up PD Filtration
2012年 北九州ウォータープラザ参画 Joined Kitakyushu Water Plaza
2014年 北九州学術研究都市にFILTOM設立 Founded Filtom
2015年 生プラセンタc6シリーズ開発 Raw placenta c6 series
2016年 純石鹸ベース洗顔フォーム開発 Pure soap face wash
2017年 微生物育成リップ開発 Microbiome growth lip
2018年 生温泉化粧水開発 Raw hot spring water cosmetics
2021年 生ミルクセラミド開発 Raw milk ceramide m9 series
2022年 生サプリメント開発 Raw supplement
2023年 FILTOM孔拡散研究所設立 FILTOM PD institution
2024年 生テアニン開発 Raw theanine t8 series



組織 Organization
代表  岡部寿代 Hisayo Okabe, President
製造部 試作課/ 量産課
品質保証部 品質責任者:尾池哲郎(工学博士)
孔拡散研究所 膜分離課/ 商品開発課
技術顧問 Technical Advisor
真鍋征一, Sei-ichi Manabe, Ph.D.(工学博士、FILTOM 名誉会長、福岡女子大学名誉教授)
研究体制 Pore Diffusion institution
Tetsuro Oike, Ph.D.(工学博士、FILTOM 研究所長)
Zeynep Sahin, Ph.D.(ゼイネップ・シャーヒン)(工学博士)
Dimas Herjuno, Ph.D.C.(ディマス・ヘルジュノ)
Do Thi Ly, Ph.D.C.(ド・ティ・リ)
協力機関 Cooperative organization
国立大学法人 九州工業大学 工学部 伊東啓太郎研究室
公立大学法人 北九州市立大学 環境生命工学科 礒田隆聡研究室
法律顧問 Legal counsel
弁護士法人たくみ法律事務所
登録許可 Licenses
化粧品製造販売業許可 第40C0X10136号
化粧品製造業許可 第40CZ200101号
食品衛生責任者 第21050091号

Our GOAL(事業目的)

csr
事業目標は「海水淡水化」

FILTOMが目指すゴール。それは自然エネルギーによる海水淡水化。私たちの体の中では、腎臓が日々200Lの水を浄化し続けています。PD膜分離法はその腎臓に匹敵する高度な水浄化技術です。その第一歩がプラセンタプラズマです。自然エネルギーだけを用いた常温常圧での海水淡水化を見据え、皆様と共にゴールをめざします。(詳しくはこちら「地球のスキンケア」

Sea Water Desalination as Our Goal

The goal of FILTOM is the seawater desalination by the PD membrane filtration. In ourbody, the kidney is filtering and purifying about 200L of water every day. PD membrane filtration has a possibility to fulfil the advanced water purification which is even equal to the kidney. The Placental Plasma is the first step to achieve the goal. Looking ahead to the sea water conversion in room temperature and pressure, We keep going on the way to the goal with all.

TOP