FILTOM inc.

KEIKO ビューティーコラム 1-27「菌と共に生きる」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page


実績40年以上の美容家、岩永恵琴(いわながけいこ)氏の美容コラム。尾池博士とのコラボレーションが美容の新境地を開きます。



美容家として培った理論と技術を後進へ伝える人材育成にも取組んでいます。

****************************************************

KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。


 

1-27.「菌と共に生きる」 (English

 

菌活という言葉がメディアに飛び交い
ブームになっています。

 

菌活、育菌、腸活、美肌菌、etc

サプリメントを始め、これに関連した様々な商品を目にするようになりました。

 

私たちの体には、1000兆個の
「菌」が存在します。

いわゆる、私たちの体に住みつく
「常在菌」です。

 

皮膚の上、鼻、口、腸内など
あらゆる部位に「菌」がいて

美しい肌や髪
健康な体
安らかな心

このバランスを司っているのが
「菌」であります。

 

体調管理 = 菌のコントロール

 

といっても過言ではなく、

菌の状態を最適に保つことができれば、、

私たちが心から願う

美も健康も手に入るのです。

 

 

肌上にも非常に多くの菌が存在します。

 

その代表格が、肌荒れを防ぐ
「表皮ブドウ球菌」です。

「アクネ菌」にも善玉と悪玉が存在し、

トラブルの原因となる
「黄色ブドウ球菌」などの悪玉菌もいます。

 

菌たちは自分の役割を果たすべく、

環境と闘いながら、日々活動を続けています。

 

しかし、私たちが無意識に行っている行為が菌たちの活動を妨げ、
肌トラブルや体調不良の原因になっていることが多々あります。

これは、非常に残念なことです。

 

表皮常在菌は、人によって種類や数が違いますから、

その人にあった常在菌が、
その人にあったやり方で
その人を管理してくれている

これは、驚くべき事実です!

 

私たちがこの恩恵に感謝したならば、、

「常在菌」が住みやすい環境を整え、
そのバランス維持をすることです。

 

美と健康の要である
「常在菌」を優しく労り、

バランス良く育てていくことが、、

ひいては私たち自身のためになるのですから…

 

 

****************************************************

各メディアでも大注目の「菌活」

 

****************************************************

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP